メディカルハーブティーで行うセルフメディケーション

セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」だとWHOが定義しています。

日本では体調不良を我慢して「もっとしんどくなったら病院に行こう」と言われる方がとても多いなと感じます。

海外では「病気になる前にケアをする」「病気になってしまわないように予防する」という考えが根付いています。

その背景には、医療費が高額であることや日本のように簡単に病院にかかれないなど様々な理由もあってのことなのですが、心身にとって とても良いことだなと思います。

発病してしまってからだと…

・完治まで時間がかかる

・薬を飲まなければならない

・休養の為、生活に支障が出る

・後遺症が残ることもある

などデメリットしかないんです。


かくいう私も扁桃腺肥大で、最低でも年に2回は40度の熱を出して1週間寝込むという生活をしていました。

最近では「少し体調が悪いな」と思った段階で適切なハーブティーを飲み、早くに寝る!この方法でここ1年半 無事に過ごしています。

忙しく無理をしてしまう方にこそ、ノンケミカルで副作用もなく、手軽に自宅で体調管理を行えるメディカルハーブティーで、セルフメディケーションしてもらいたいなと思っています。